SPECIAL

映画公開記念特別展示『GANTZ:O』

GANTZ濃度300%の驚愕の映像世界

死んだはずの人間と謎の星人の壮絶なバトルを描いた、SFアクション漫画の金字塔「GANTZ」。累計発行部数2,100万部を突破、2004年にはTVアニメ化、2011年には全2部作の実写映画化された同作品。
今年、その中でも最高傑作との呼び声が高い「大阪編」が、フル3DCGアニメーション映画「GANTZ:O(ガンツオー)」として蘇る。本展では、3DCG映画の既成概念を打ち破るとまで評される「GANTZ:O」を作り上げた貴重な設定資料やイメージボード、絵コンテ等を大公開。さらに、ガンツ製造工場を彷彿とさせる体験エリアでは、「GANTZ:O」の世界に擬似転送するガンツ型のVRアトラクションを展開。目の前に広がる、GANTZ濃度300%の驚愕の映像世界。はたしてあなたは、現実の世界に戻ってこられるか…。

ガンツ型VRアトラクション「GATNZ:O_VR」

「GANTZ:O_VR」は、専用の半球形型回転椅子に座り、映画「GANTZ:O」の世界に転送されるVRアトラクション。
椅子に仕込まれたボディーソニックユニットにより映像コンテンツと連動して身体に直接振動が伝わってくる仕組で、高い実在感を実現。
映像は、映画同様、日本初フル3DCG超大作「APPLESEED」でCGディレクターを務めた川村泰監修の下、「青鬼 ver.2.0」でホラー映画の監督経験があり、ゲームシネマティックムービーを得意とする前川英章が監督を務める。
あなたを圧倒的な臨場感と恐怖が襲う究極のVR体験。

■監修:川村 泰
■ディレクター:前川 英章
■制作:デジタル・フロンティア

設定資料

本展では、3DCG映画の既成概念を打ち破るとまで評される「GANTZ:O」を作り上げた貴重な設定資料やイメージボード、絵コンテ等を大公開。

GANTZ:O_VR 30s

映画公開記念特別展示 GANTZ:O–驚愕の映像世界への転送体験-

○会場:SHINJUKU NEWoMan 5F LUMINE 0
(新宿ニュウマン5F ルミネゼロ)
○会期:2016年9月14日(水)〜10月23日(日)11:00〜21:00
○入場:入場無料
VRアトラクション900円(税込み/記念品付き)
○コンテンツ:
①展示エリア
②VRアトラクション「GANTZ:O_VR」
③映画GANTZ:O アートカード販売
○主催:「GANTZ:O」公開記念展示実行委員会
○協力:「GANTZ:O」製作委員会、デジタル・フロンティア、VR CRUISE