映画「GANTZ:O」のフル動画を無料視聴する

Fireタブレットカバーのおすすめと選び方!

Fireタブレットカバー 電子書籍デバイス

Fireタブレットを購入したら、そのまま使うよりカバーをつけたい人もいますよね。

実はFireタブレットには、純正のカバーはもちろん、他にもいろんな種類の素敵なカバーが発売されているんです。

ここでは、そのFireタブレットのおすすめのカバーをご紹介しますので、ぜひ購入の参考にしてみてくださいね。

Fire HD8のおすすめカバー

Fire HD 8タブレットはコスパ最高!安くておすすめな最強端末
Fire HD 8タブレットは、Fireタブレットの中でも特に人気の高い機種です。もしタブレット端末の購入を検討しているなら、このFire HD 8を選べば間違いないでしょう。ただ多少使う人を選ぶので、購入前にはしっかりとFire HD 8

まずは、Fire HD8のおすすめのカバーから見ていきましょう。

Amazon純正カバー

Fireタブレットカバー

Fire HD8に特におすすめなのは、やはりAmazon純正カバーです。

ネックなのは値段の高さですが、これに勝るカバーはないですね。

なんといっても純正品なのだから、まず安心感があります。

カバーにはマグネットがついているので、閉じるとその状態をしっかりキープ。

頑丈なのでしっかりタブレットを保護してくれますし、ファブリック素材で手触りも良いでのがうれしいですね。

カバーを開けばタブレットが自動的に起動して、閉じるとスリープモードになるオートスリープ機能つきです。

Fireタブレットカバー

また、この純正カバーはスタンドとしても使えるので、タブレットを縦向き・横向きの両方に置いてハンズフリーで使うことができるんですよ。これが本当に便利なんですよね。

頑丈だし、一度購入すれば買い替える必要もなく長く使うことができるので、質や機能重視なら純正カバーを選びましょう。

Amazon純正カバー (Disney ミッキー&ミニー)

Fireタブレットカバー

Disney ミッキー&ミニーの、Amazon純正カバーです。

Fire HD 8とFire HD 8 Plusに対応していますが、その他のタブレットには対応していません。

カバーを閉じるとしっかり閉じた状態をキープしてくれ、カバーを装着したままボタンやポート、カメラに簡単にアクセスできます。

こちらもスタンドになるスリムなデザインのカバーで、横向きと縦向きに対応しているので、タブレットを手で支える必要がありません。

しかも、カバーの開閉だけで自動的にスリープ&スリープ解除してくれるのが便利です。

また、Fire HD 8 plusの別売りワイヤレス充電スタンドにも対応していて、カバーをつけたままワイヤレス充電ができるという優れもの。

Disneyやミッキー&ミニーが好きな人は、こちらのカバーもおすすめですよ。

PUレザー素材スタンドケース

Fireタブレットカバー

いろんなメーカーが販売しているPUレザー素材スタンドケースもあります。

こちらは値段がとても安いのがメリットで、カバー表面はPUレザー、裏面はマイクロファイバー、本体はプラスチックとなっていますね。

カバーを三つ折りして横置きに対応していますが、安いだけあってオートスリープが不安定だったり、耐久性が弱かったりします。

私も使ったことがありますが、なんとかカバーはできるものの、耐久性が微妙で長持ちはしませんでした。

ただ、Fireタブレットは安さが取り柄のタブレットなので、カバーも低価格なもので十分なのでは?という気もします。

壊れたら買い替えればいいのだし、安く済ませたい!という人は、こちらのカバーを買ってみるのもアリですよ。

いろんなデザインがあるので、好きな柄を選べるのは強みですね。

Fire 7のおすすめカバー

Fire 7 タブレットの魅力やメリット&デメリットを徹底解説!
「タブレットがほしい…でも値段が高くてなかなか買えない…」そんな人にピッタリなのが、このFire 7タブレットです。なんといっても価格が安く、購入のハードルが低いのが強みですね。でもあまりにも安いと、買ってもいいのかどうか逆に不安になったり

次は、Fire 7のおすすめのカバーを見ていきましょう。

Amazon純正カバー

Fireタブレットカバー

Fire 7に特におすすめなのは、こちらもAmazon純正カバーです。

純正品なのでサイズもピッタリだし、これに勝るカバーはありませんね。

Fire 7の純正カバーは2,690円と値段も安いので、比較的購入しやすいのもうれしいです。

カバーにはマグネットがついているので、閉じるとその状態をしっかりキープしてくれます。

頑丈なのでしっかりタブレットを保護してくれますし、ファブリック素材で手触りも良いですよ。

カバーを開けばタブレットが自動的に起動して、閉じるとスリープモードになるオートスリープ機能つきです。

Fireタブレットカバー

また、この純正カバーはスタンドとしても使えるので、タブレットを縦向き・横向きの両方に置いてハンズフリーで使うことができて便利。

頑丈で長持ちするし、質や機能も申し分なく価格もお手頃なので、Fire 7なら純正カバーがおすすめですよ。

PUレザー素材スタンドケース

Fireタブレットカバー

いろんなメーカーが販売しているPUレザー素材スタンドケースもあります。

値段がとても安く、カバー表面はPUレザー、裏面はマイクロファイバー、本体はプラスチックとなっていますね。

カバーを三つ折りして横置きに対応していますが、安いだけあってオートスリープが不安定だったり、耐久性が弱いのがデメリットです。

ただ、いろんな柄があってオシャレなデザインもあるし、なんといっても価格が安いので、コスパ重視の人はこちらをチェックしてみてください。

Fire 7は本体が非常に安価なので、カバーも安いもので十分な気もします。

Fire HD10のおすすめカバー

FireHD10タブレットの魅力やメリット&デメリットを徹底解説!
数あるFireタブレットの中でも最高上位機種にあたる、Fire HD 10タブレット。 価格が安いことが売りのFireタブレットの中では一番価格が高い機種でもありますが、意外と人気もあるので気になっている人も多いと思います。 で...

最後は、Fire HD10のおすすめのカバーを見ていきましょう。

Amazon純正カバー

Fireタブレットカバー

Fire HD10に特におすすめなのは、こちらもやはりAmazon純正カバーです。

純正品なのでサイズもピッタリだし、これに勝るカバーはないですね。

こちらもカバーにはマグネットがついているので、閉じるとその状態をしっかりキープしてくれます。

頑丈なのでちゃんとタブレットを保護してくれますし、ファブリック素材で手触りも良いですよ。

カバーを開けばタブレットが自動的に起動して、閉じるとスリープモードになるオートスリープ機能つきです。

Fireタブレットカバー

また、この純正カバーはスタンドとしても使えるので、タブレットを縦向き・横向きの両方に置いてハンズフリーで使うことができて本当に便利です。

頑丈で長持ちするし、質や機能も申し分ないのですが、お値段が4,780円と高額なのがネックですね…。

値段が安い方が良い人は、他のカバーを選択するというのもアリかもしれません。

ただやはり純正の方が安心感はあるし、せっかく最上位機種であるFire HD10を購入したのなら、カバーも最上級のものである純正カバーを選ぶのもいいと思います。

PUレザー素材スタンドケース

Fireタブレットカバー

いろんなメーカーが販売しているPUレザー素材スタンドケースもあります。

値段がとても安く、カバー表面はPUレザー、裏面はマイクロファイバー、本体はプラスチックとなっていますね。

カバーを三つ折りして横置きに対応していますが、安いだけあってオートスリープが不安定だったり、耐久性が弱いのがネックです。

ただ、いろんな柄があってオシャレなデザインもあるし、なんといっても価格が安いので、コスパ重視の人はこちらをチェックしてみてください。

Fire HD10は本体価格が高いので、カバーまで高額だと出費がさらに増えるため、カバーは安いものでもいいかもしれません。

【まとめ】Fireタブレットはカバーをつけて楽しもう!

Fireタブレットにカバーがあると、それだけで安心感が違いますよね。

Fireタブレットにカバーやスタンドが必要かどうかは人それぞれになりますが、

  • タブレットを外部から保護したい
  • スタンド機能やオートスリープ機能がほしい

このような目的がある人は購入すると便利ですよ。

特に、縦置き・横置きができるスタンド機能はとても使い勝手がいいです。

純正品と非純正品の違いは、やはり強度。

非純正品は安いけど壊れやすいです。

純正品は高いけど壊れにくく、長持ちします。

純正品は長く使えるからいいですし、壊れたら買い替えるつもりで非純正品を買うのもアリですね。

あとは自分の好みでカバーやスタンドを選ぶしかないですが、個人的には純正カバーが気に入っています。

やはり頑丈なのがいいですね。非純正カバーを買って何度も買い直しするなら、最終的にかかる費用は同じくらいかなと思いまして…私は結局純正カバーを買っちゃいました。

長く使いたいなら、やはり純正カバーを買っておいた方がいいと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました